インプラント、歯周病、ホワイトニング、虫歯の治療なら浜松市中区の山下歯科医院

山下歯科医院

Q&A

医院案内

〒430-0947
静岡県浜松市中区松城町210-1
TEL&FAX:053-452-6897

診療時間
平日
AM 9:30~12:00
PM 1:30~ 6:00

土曜日
AM 9:30~12:00
PM 1:30~ 3:00

予約制
十分なご説明と計画的診療を円滑に行うため
予約制で診療をしております
お電話にて予約してご来院ください

休診日
木曜・日・祝日

 

ICOL

 

HOME»  よくある質問

よくある質問

子供の歯を虫歯から守るのにはどうしたらいいですか?

食後の歯ブラシはもとより、おやつなどの間食に注意を払わなくてはいけません。
子供の成長におやつは大切ですが、だらだらとスナック菓子やジュースを食べる事は虫歯の危険を増大させます。
なぜなら、虫歯の原因である糖分が歯面に接触している時間が長くなるからです。
ですから、きちんと決められた時間内に適量をとるようにしましょう。
歯ブラシについては、自分で磨く習慣をつけていくことが大切ですが、必ずお母様などが点検して仕上げ磨きをして、上手に磨けないところを教えてあげて下さい。
私たち山下歯科医院では「歯磨き指導」を日常的に行っております。
一人ひとりのお口・歯並びに合った的確な磨き方を一緒に考えてまいりますので、是非習得して清潔な口腔内を目指していきましょう。
また、定期的なフッ素塗布や、奥歯の溝を合成樹脂の一種であるシーラントで埋めておくことも有効な手段です。

 

虫歯はなぜできるのですか?

糖分とこれが歯に付着している時間、歯が丈夫かどうかという生まれつきの歯質、
そして虫歯を起こす細菌(ストレプトコッカス・ミュータンスなど)の存在。
この要素が重なった時虫歯が進行していきます。
虫歯菌が糖分をエサにして酸を出し、この酸が歯の表面のエナメル質を溶かして虫歯が進行していきます。
ですから、食事やおやつが終わったらできるだけ早く歯を磨くことが大切です。

 

最近耳にするキシリトールって何ですか?

白樺の樹液から取れた天然の甘味成分です。
この甘味成分は砂糖の糖分と違って、ミュータンス菌によって発酵しない為虫歯の原因となる酸が発生しません。
ミュータンス菌は、菌体内にキシリトールが取り込まれることによりその活性が低下し、次第に砂糖からも酸が作れなくなっていき虫歯を予防します。
さらに、キシリトール入りのガムなどを噛むことにより唾液の分泌は促進され唾液中のカルシウムがエナメル質と結びつくことにより起こる再石灰化を促進させることも分かっています。
したがって、食後あるいは就寝前にキシリトール入りのガムを噛むことを習慣化することをお勧めします。

 

親知らずは抜いてしまってもいいのですか?

親知らずは前から数えて8番目の大臼歯(第三大臼歯)で、ある人と無い人がいます。
第2大臼歯までの永久歯歯列が12~13歳頃に完成するのに対し、顎の骨もほぼ完成した思春期以降に生えてきます。
正しい位置に正しい生え方をして、ブラッシングも行き届いているならば抜く必要は普通ありません。
しかし、往々にして親知らずは斜めに生えてきたり、半分骨の中に埋まって一部分しか生えてなかったりすることが多いのです。
そのような場合には歯の周りに歯垢が残り易く、さらに一番奥にあるため歯ブラシが到達しにくいので、虫歯や歯肉の炎症が引き起こされます。
そのような場合には、抜いたほうがよいことも多くあります。